射手座の満月、ストロベリームーン。

射手座の満月、ストロベリームーン。

へびづかい座や蠍座のアンタレスの近くで照らされる月。

苺の収穫時期からつけられたネーミングは、愛らしくて印象に残りますね。

 

満月のサビアンシンボルは、射手座16度
「Sea gulls watching a ship」

 

集合意識を表す海の上に浮かんでいる船、
その船の上で羽を広げているカモメ。

自由に羽ばたいているけれど、船員たちが餌をくれるから、全くの野生の状態ではない印象があります。

 

カモメは自由に空を飛びたいと願いながらも、生きるために必要な餌を獲得する必要があり、

どうすればよいかを知っています。

 

新月のサビアン「The garden of the Tuileries」を思い出させるように、

庭を整えていく中で、何を優先すべきかが見えてくるでしょう。

 

そして双子座と射手座を、色の出現する順序に置き換えると、オレンジとブルーの組み合わせ。

内側で芽生えた創造性は、発想の転換を行いながら統合されていきます。

さらに星よみの視点からは、

 

満月で成就を迎えたら、今まで育ててきたアイデアや思考の取捨選択をしつつ、

夏至の日蝕に向かって、デトックスを心がけることがおすすめです。

体の中をきれいにしながら、凝り固まっていた感情や思考があれば解き放ちましょう。

 

素直であるほど、人生の節目で用意されていく奇跡。

人間の小さな欲望や、目先の勝利などからは対照的なところにある、

求めようとして得られるものではない贈りもの。

 

それは先祖や敬意を表す先人たちが指し示してくれている、あなたにしか出来ないこと。

今の自分自身の想像をはるかに超えたものかもしれません。

 

小さな自我を大きなものに明け渡し、雑念をはらうほど心に響くでしょう。

求めるのではなく、超えたものから求められていることに耳を傾けたとき、

進む道は、これから先も自然と開かれていきます。

 

 

そんな気持ちで夏至を迎えていくことを、天空の世界では囁いてくれているようです。

ピックアップ記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930