• HOME
  • Purpose & Vision

Purpose & Vision

占星術の宇宙観について

なぜ人は大昔から宇宙に思いを馳せるのでしょう。私達はどこからやって来て、どこに行こうとしているのか。

私は何者なのか。

自分を取り巻く世界を知りたい、一体どこに向かおうとしているのか_____

存在の意味を知りたいと願う、究極の問いかけです。


満天の星を見上げながら、いつの時代もこのように問いかける人は少なくなかったでしょう。

一つの命が去っても、また新しい命が生まれる。

私たちが肉体だけの存在ではなく、魂は受け継がれていくものだと心開いても、この答えは誰にも解き明かされることなく永遠に謎のまま、命は繋がれていきます。

私たちを取り巻く、世界の根源でもある宇宙______

いにしえから天空の動きは、人間の暮らしに直接的な影響を与えると信じられてきました。

天文学「Astronomy」の始まりが、天のメッセージを解読したいという意志から生まれ、観測技術を発達させてきたように、

夜空に煌めく星々を眺めながら、現世での出来事を関連づけようと試みたことから占星術の歴史も始まったようです。


Astrologyという言葉には

「astro=星」「logos=学問」

いわゆる「星について考える」という語源があります。


その起源は古代メソポタミア文明の時代と言われ、
自然科学としての天文学とは別の信念体系と区別されてきました。

天空の状態を知れば、地上での出来事を知ることができる。
「天と地は照応し合っている」


エジプト・ギザのピラミッドから発見された、錬金術の祖ヘルメス・トリスメギストスが残したとされる「エメラルドタブレット」の逸話では、

「下なるは上なるのごとし、上なるは下なるのごとし。唯一なるものの奇跡がなされた」

という意味合いの言葉が含まれていたと伝えられ、
自然哲学や神秘学、占星術も含まれた、すべての根源にあるものだと言われてきました。

That which is below is like that which is above & that which is above is like that which is below to do the miracles of one only thing ※アイザックニュートンにより1680年に翻訳された「ヘルメス・トリスメギストスのエメラルド板」から抜粋