Purpose&Vision

なぜ人は大昔から宇宙に思いを馳せるのでしょう。私達はどこからやって来て、どこに行こうとしているのか。

私は何者なのか。誰もが永遠に問いかけるテーマでしょう。自分を取り巻く世界を知り、どこに向かおうとしているのか_____存在の意味を知りたいと願う究極の問いかけです。この答えは誰にも解き明かされることなく永遠に謎のまま、命は繋がれていきます。

私たちを取り巻く世界の根源でもある宇宙。いにしえから天空の動きは、人間の暮らしに直接的な影響を与えると信じられてきました。天文学「Astronomy」の始まりが天の文(メッセージ)を解読したいという意志から観測技術を発達させてきたように、夜空に煌めく星々を眺めながら、いつの時代においても現世と関連づけようと試みたことから占星術の歴史も始まります。

Astrologyには「astro=星」「logos=学問」いわゆる「星について考える」という語源があります。自然科学として望遠鏡などの観測技術と共に発展してきた天文学とは別の信念体系と区別され、起源は古代メソポタミア文明の時代ではないかと伝えられている分野です。

「天空の状態を知れば、地上での出来事を知ることができる」「天と地は照応し合っている」
古代エジプトでは東の空にシリウスが輝き出すとナイル川が氾濫して大地が肥沃となるため、シリウスを女神イシスの星と崇めました。また天空に赤い火星が変則的な動きを見せると、戦いが起こる前兆だと人々は畏怖の念を抱き、戦いの準備をしたと伝えられています。医学や心理学、化学の基と伝えられる錬金術においても、古代の哲学者はマクロコスモスとミクロコスモスの世界を紐解こうと挑戦し続けました。また歴史上に名を残す偉人達がこの世に生まれるとき「特別な恒星が輝いていた」「珍しい天体の配置が見られた」といったエピソードは数多く残されています。

そもそも占星術は、自然(もしくは天変)占星術と判断(もしくは宿命)占星術という2つに分けられてきました。天変占星術においては天体観測の中で星の動きが地上に物理的な影響を与えるという、学者はじめ多くの人々が受け入れてきた事実です。例えていうなら、月の満ち欠けが潮の満ち引きや産卵に関わり、木の樹液、人の体液にも影響を与えて体質や心理面も変化するといったものが挙げられるでしょう。

判断占星術は天体の位置から個人の運命を読み解くものとして、いつの時代も賛否両論の的となり議論が交わされてきましたが、近年になってパーソナルコンピューターの普及に伴って占星術ソフトやアプリの開発も進み一般化されたことで、個人の命運を読み解くホロスコープリーディング(星よみ)は身近なものとなり、世界中の人々に親しまれるようになってきました。

私達には各々授かった個性があり、誰もが能力を開花するタイミングを待ち望んでいます。日々起こる出会いや奇跡に一喜一憂しながら、人生を動かすのは他の誰でもない自分自身だとわかっていながらも、どうすれば最大限に伸ばすことができるのか模索しがちです。

人間の脳が生涯のうち使われている可能性は数%と囁かれるように、一体どれだけの人々が、この地球上で自分の潜在力に気づいているのでしょうか。まだまだ自分自身が出せるパワーや可能性、魅力となる宝を発掘しないまま、私達は時を過ごしているのかもしれません。

古代の人々が天空と地上の出来事を照らし合わせながら、生命の可能性を読み解こうと情熱を注いだように、現代を生きる私達の人生においても、アストロロジーを活用してホロスコープという人生の羅針盤を手に入れることは、まだ目覚めていない可能性についてどこに働きかけたら良いか教えてくれます。さらにホロスコープを人生に活用することは、一人一人の持つ個性の良き側面を意識的に伸ばすことになるでしょう。

星の動きから自然なリズムを取り戻す

現代社会がどれほどコンピューターやインターネットを中心としたネットワークの活用化が進んで情報は技術化されても、人間の体は昔から日の出とともに起き、日が沈むと眠るといったサイクルは変わりません。また月の満ち欠けは体液に影響をもたらし生理のリズムに関わります。

占星術を使って生きることは何も難しいことではなく、日々の習慣を見直して心と身体の声を聞くこと(月)自分の内なる力を信じて人生を前向きに生きること(太陽)知識や経験を積み重ねて、学び理解すること(水星)愛を与え受け取り、この世界の美しさを認めること(金星)欲求と正直に向き合い、健全にエネルギーを昇華すること(火星)神仏や先祖に感謝し、人を許し、おおらかに生きること(木星)苦手なことを避けずに淡々と取り組みながら、しなやかに生きること(土星)といったように、この瞬間のあり方を見直し、私たちが生きる中で大切にすべきことを再認識させてくれるものと言えるでしょう。

私たちが目指すもの

アストロラティオ・アカデミーでは占星術という知識を使って、ホロスコープリーディングによりインターネットや誌面上で議論をかわすことを目的にしていません。私達の体を小宇宙として捉えて、身体の声を聞き、身体が何を必要としているのか、占星術を全方位的に学ぶものであると提唱しています。

アストロロジーを歴史的背景から学び、古代からもたらされた叡智と繋がり、コンサルテーションへと活用することにより多くの人が希望を持てるように促します。またアストロロジーを通じてマインドとボディが繋がり合い、心身ともに健全で過ごせるように、様々なアプローチからライフスタイルの向上を目指します。

アメリカ本土はじめ国境を越えて、広い地域の人々と交流できるよう、メンバーの皆様とセミナーやボディワーク、リトリートなどを通じて、様々な交流の場を提供します。ここでは知識のスキルアップだけでなく、共に学ぶ仲間と支えあい、分かち合う精神を大切にしながら、占星術業界の向上に貢献していく姿勢を尊重します。

実社会で役に立ち、心身ともに衣食住すべてを整えていくアカデミーとして、アメリカ〜日本〜オーストラリアをはじめとする様々な国を結び、次世代に向けて働きかける占星術家を育て、ネットワークを広げて行きたいと願っています。

ページ上部へ戻る