• HOME
  • 岩本 真梨子

ASTRORATIO®︎ ACADEMY
Creative Astrologer
日本・大阪

岩本 真梨子

岩本真梨子 / Mariko Iwamoto

日本・大阪市中央区

the sun sign Leo 

the moon sign  Sagittarius

アストロラシオ編集部
アストロラシオ編集部
射手座の太陽の元で生まれた真梨子さんは、占星術を体験を交えながら着実に伝え続けてきた、正統派の先生の一人。
和歌山生まれで、おおらかな気質をお持ちのなかで、乙女座金星の影響を受けた、丁寧な受け答えと誠実なお人柄に惹かれて、カフェや大手企業のイベント等では大人気。そんな真梨子さんにインタビューしました。

こんにちは!真梨子です。占星術を通して自分を受け入れることができ、生き方のクオリティが上がったと感じています。占星術、タロット、新たなツールであるエジプシャンエッセンスなどを通じて、皆さまにもよりよく素敵な人生を歩んでいただきたいと思ってます。

Q1 真梨子さんが占星術を学ぼうとしたきっかけを教えて下さい。

学生のころから心理系のこと全般に興味がありました。西洋占星術は、高校生のときに読んだセブンティーンという雑誌の「12星座占い特集」で知りました。12星座の特徴と、その星座の芸能人の印象がピッタリだったのでとても興味が湧きそれから時々本を買って読んだりしていました。当時はインターネットがなかったので情報量はそれほど多くありませんでした。そんなある日、大人になってからあるセミナーで知り合った方から西洋占星術のいい先生がいらっしゃるということを教えていただき、きちんと学んでみることにしました。本当に導かれるようでした。

Q2 日常に占星術を取り入れて、真梨子さんの生活はどのように変わりましたか?

とても楽しいものになりました。自分自身をよく理解することができたので、とても生きやすくなりました。他者理解も進み人付き合いが前よりもスムーズになったと思います。他者に対して寛容になれている自分がいる気がします。
占星術の鑑定やセミナーを通して、出会いが広がったのもとても大きなことだと思います。一緒に学んだ仲間と過ごした時間も
楽しくとても貴重な経験となりました。

Q3 今まで占星術を教えていた時に苦労したことは?

生徒さんにわかりやすく理解していただくための話し方や語彙に気を遣います。自分の話していることが
分かりやすく伝わっているか、独りよがりになっていないか、眠くならないか、、、など気になりますね。生徒さんが楽しいな、ためになるな・・・と思っていただける授業になることを心掛けています。

Q4 受講生の方に、特に伝えていきたいことは何ですか?

星読みを使って自分を知り、みなさんが生き生きと自分らしい生き方をしていってほしいです。
そして、自分たちは自然の一部であり、流れに沿って無理なく自分の星を生きていくことを伝えていきたいです。

Q5 あなたの魅力は何でしょうか?

太陽・月星座がが火(獅子・射手)の行動的でネアカな部分と、金星・水星星座が地(乙女)の大人しい堅実な部分とのギャップ。(自分ではときどき扱いに困るのですが、あえて魅力としてみました、笑)

Q6 あなたの好きな国はどこですか?占星術の視点からみると?

私の好きな国は、インドネシアのバリ島です。生命力が強くて逞しいエネルギーを感じ、とても元気になれます。また、アストロマップの視点から見ればとても楽しい時を過ごせる場所となっているようです。その他、ドイツ、オーストラリア、アメリカ西海岸、ハワイ・・・また訪れてみたいです。興味があるのはインド、わたしにとって発展・拡大が期待できる・・・しかしちょっと勇気がいりますね。

Q7 今興味のあること、得意としていきたいことを教えてください。

今興味のあることは、潜在意識についてです。自分の想いが人生を作る。一見、占星術と相反するように見えますが、星の動向をみながらやりたいことがベストな状況で思い通りにかなうよう、自分自身で実験中であります。笑あとは、昨年取得したキャリアコンサルタントという資格と、この占星術を活かして、たくさんの人とお話をしながらその方がよりよい方向に進めるようサポートいきたいできれば幸せに思います。

Q8 今後の展望を教えて下さい。

一つ一つのご縁を大切に思いながら、占星術を学ぶ素晴らしさをを広めていきたいです。

アストロラシオ編集部
アストロラシオ編集部
タロットカードの的確さもクライアント様から大好評の真梨子さん、インタビューお疲れ様でした!
これからも多くの方々とのご縁の中で、ココロとカラダが軽やかに導けるように、真梨子さんらしい心遣いを大切にされながら、占星術の楽しさを伝え続けてくださいね。

真梨子さんのSNSやWEBサイトはこちらです

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930